銃撃事件があった高校の校舎から避難する生徒ら=14日、米フロリダ州パークランド(WSVN提供・ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】米南部フロリダ州パークランドの高校で14日午後(日本時間15日未明)、元生徒の男(19)が銃を乱射し、警察当局によると17人が死亡した。警察は男を拘束、単独犯とみて動機を追及する。米メディアによると、男はニコラス・クルーズ容疑者で、トラブルを起こして同校を退学処分となっていた。

 米メディアは、容疑者が殺傷力の高い強力なAR15型ライフル銃と複数の弾倉を使ったと伝えた。犯行の際、火災報知機を作動させており、多くの生徒を撃つため、教室の外におびき出す狙いだったとみられている。

 容疑者は負傷して病院で手当てを受けた後、警察施設に連行された。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加