衆院予算委で答弁する安倍首相=14日午後

 安倍晋三首相は14日の衆院予算委員会で、韓国の文在寅大統領の北朝鮮訪問に慎重論を唱えた。韓国首脳による過去の訪朝でも北朝鮮の核・ミサイル開発が阻止できなかったことに触れ「対話のための対話では意味がない。検証可能で不可逆的な核放棄をコミット(約束)させ、具体的行動を取らせる必要がある。私たちの目的は非核化だ」と述べた。

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の妹、金与正・党第1副部長が文氏に訪朝を要請したことを踏まえ、南北対話よりも日米韓の戦略共有を優先すべきだとの立場を示した形だ。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加