日本―コリア 第3ピリオド、3点目のゴールを決め喜ぶ小池(右)ら=江陵(共同) 

 アイスホッケー女子1次リーグで世界ランキング下位が入るB組の最終戦が行われ、5~8位決定予備戦に回る日本は韓国と北朝鮮の合同チーム「コリア」を4―1で下し、五輪13戦目で初勝利を挙げた。1998年長野、前回ソチの両大会はともに5戦全敗だった。1次リーグを1勝2敗で終え、コリアは3連敗。

 日本は第1ピリオド序盤に久保(西武)が先制点を挙げ、小野(御影グレッズ)が追加点。第2ピリオドに1点を返されたが、第3ピリオドに小池(道路建設ペリグリン)と浮田(ダイシン)の得点で突き放した。(共同)

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加