沖縄県の富川盛武副知事は13日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)所属の輸送機オスプレイからの部品落下を受け、県庁で外務、防衛両省の幹部に抗議した。安倍晋三首相が神埼市千代田町の陸上自衛隊ヘリコプター墜落事故を受け即座に同型機の飛行停止などを実施させたことを取り上げ「米軍という相手があるが、なぜ沖縄ではできないのか」と不快感を示した。

 オスプレイが重さ約13キロの部品を海上に落下させ、県はオスプレイの飛行停止などを求めているが確認できていない。防衛省の中嶋浩一郎沖縄防衛局長は富川氏に「政府として、自衛隊だから沖縄だからということはない。沖縄と違うようなことがないよう肝に銘じたい」と応じた。

 富川氏は「佐賀の事故は重大事故との認識だが、沖縄県民の目からすると(米軍機による)落下物や不時着炎上は同じように危険と感じる」と訴えた。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加