■弘学館

 川崎 郁朗(かわさき・いくろう)高校から入学し副寮長。吹奏楽部でサックスに挑戦し、ソロパートを任された県大会は銀賞を獲得した。医学部志望。「医師になり、病院不足の地域で開業したい」。大町町。

 古賀 樹(こが・たつき)中高と寮長。寮の学習環境改善に取り組み、人との関わりを学んだ。寮でできた友人とは「一生付き合っていく」。勤務医の父の背中を追い、国立大医学部を志望。鳥栖市弥生が丘。

 菊川 礼菜(きくかわ・れな)バスケ中心の中学生活から寝食以外は勉強に励んだ高校生活に。政治に興味があり官僚を志す。「役に立つ人より、必要とされる人になりたい」。東大文科1類を受験。久留米市。

 眞崎 由梨佳(まさき・ゆりか)ボランティア活動に尽力し、JICAエッセーコンテスト最優秀賞。早稲田大文学部でアジア諸国の文化や思考を学び、「将来はアジアで国際貢献をしたい」。多久市北多久町。

 近藤 里菜(こんどう・りな)美術部部長。総文祭で1年時はデザイン入選、2年時は絵画佳作。文化祭ではバンドのギターボーカルを務めた。薬の研究に興味があり、東大理科2類を目指す。伊万里市大坪町。

 凌 広一朗(しのぎ・こういちろう)「5年間の寮生活で出会った何でも語り合える友が宝物」。サッカー部主将、生徒会副会長、副寮長でリーダーシップを発揮した。国公立大医学部志望。佐賀市松原。

 小野 赳(おの・たけし)中学からテニス部で心を鍛えた。2年時に主将として科学の甲子園出場、県優勝し全国大会進出した。東大理科1類を志望し、「新素材の開発に取り組みたい」。多久市北多久町。

■白石

 栗 七海(くり・ななみ)2年次に韓国留学を経験し、「笑顔と積極性で世界の人とつながれる自信ができた」。その後も研修やボランティアを通してグローバルな視野を養成。西南学院大に進む。鹿島市音成。

 光武 志歩(みつたけ・しほ)佐賀、長崎から出場する弓道大会で個人優勝。「基礎を見直しスランプを脱した」。学校祭でも浮立演奏やリーダーとして活躍した。西九州大で保育園の栄養士を目指す。白石町。

 山口 航(やまぐち・わたる)体育祭団長。大将を務めた剣道部では数々の成績を残した。「県総体で優勝できなかった」との悔しさをバネに、東海大で全日本選手権優勝を目指す。警察官を夢見る。白石町。

 山崎 ちはる(やまさき・ちはる)「つらい時もできることを精いっぱいやろう」と前向きに成長。全国総文祭合唱部門に2度出場し、全参加者で歌ったのも思い出。音楽教諭を夢見て佐賀大へ。武雄市武雄町。

 黒岩 諒己(くろいわ・まさき)行事に関する学校との交渉に積極的だった生徒会長。夢である地方公務員になっても「住民の要望を実現する役に立ちたい」と語る。佐賀大経済学部に進学する。武雄市山内町。

 天利 拓真(あまり・たくま)練習の厳しい陸上部と学業の両立を貫徹。将来の就職難も念頭に置きつつ、志望する国立大で「生きるヒントとなる知識を蓄え、社会活動でも経験を積みたい」。小城市牛津町。

 平木 陵雅(ひらき・りょうが)野球部主将。県ベスト8に入り、21世紀枠の推薦校にも選ばれた。県模試で上位に入るなど学業も優秀。学校祭での動画制作も思い出深い。国立大理系を志望。小城市三日月町。

このエントリーをはてなブックマークに追加