確定申告をPRする島義勇(左)と大隈重信=佐賀市の佐賀城本丸歴史館

 佐賀の八賢人おもてなし隊の大隈重信と島義勇が13日、佐賀城本丸歴史館で、16日から始まる確定申告についてPRした。インターネットを使った申告書提出や、2017年分から医療費控除で領収書提出が不要になったことなどを紹介した。

 2人は寸劇調で確定申告の手続きについて説明。国税庁の公式サイト内の「確定申告書等作成コーナー」を利用すると24時間申告書が作成でき、税額計算も自動で行われることなどを説明した。医療費控除で領収書が提出不要になったことについて、「(提出しなくても)領収書は自宅などで5年間は保存する必要がある」と注意点を語った。

 申告と納付期限は所得税と復興特別所得税、贈与税が3月15日まで、個人事業者の消費税は4月2日まで。「確定申告を早く終わらせて、肥前さが幕末維新博覧会を楽しもう」と呼び掛けていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加