安倍晋三首相は13日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設が争点となった同県名護市長選で初当選した渡具知武豊市長と官邸で面会した。渡具知氏が子育て支援や漁港整備など名護市振興への支援を求めたのに対し「政府として全面的に協力したい」と述べた。同席した菅義偉官房長官は近く同市に防衛省の担当者を派遣し、辺野古移設の現状を説明したいとの意向を伝えた。

 渡具知氏は辺野古移設を巡り、首相らに対し「国と沖縄県が係争中であり、その推移を見守る」と述べるにとどめた。防衛省からの説明については「話は承りたい」と応じた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加