調整するスピードスケート女子の小平奈緒=江陵(共同)

 【平昌共同】14日に行われるスピードスケート女子1000メートルに出場する世界記録保持者の小平奈緒、2位となった1500メートルに続く表彰台を狙う高木美帆が13日、会場の江陵オーバルで調整した。日本勢の複数メダル獲得が期待されている。

 組み合わせが決まり高木美が16組中14組、今季ワールドカップ(W杯)の1000メートルで3勝の小平は15組。郷亜里砂は10組となった。

 小平は今大会最初の種目だった1500メートルで6位と上々の感触を得た。優勝候補筆頭となる1000メートルを前に夕方にリンクに現れ、加速の動きを確認するなど軽めの調整を約20分で済ませた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加