「何とか被害を出さないようにと最期の瞬間まで必死だったに違いない。だが、なすすべはなかった。どんなに無念だったろうか」。神埼市の自衛隊ヘリ墜落事故で、ある自衛隊OBは操縦士の心中を推し量った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加