三養基

 宮崎 駿(みやざき・はやと)野球部主将としてチームをまとめた。「苦労もあったが仲間と一緒に甲子園を目指して練習に励んだ日々が思い出」。夢である高校教諭を目指し、国立大理系を志す。みやき町。

 白水 みつき(しらみず・みつき)剣道部主将として県総体優勝など輝かしい成績を残し、学業と両立させた。「仲間と支え合った部活は一番の思い出」。小学校教諭の夢に向かって国立大文系を目指す。基山町。

 守田 茉央(もりた・まお)生徒会長を2年間務め、養基祭などを成功に導いた。「将来は海外で女性や子どもを支援したい」と考えており、多くの言語や文化を学ぶため、私立大文系を目指す。鳥栖市西田町。

 川副 純香(かわそえ・すみか)吹奏楽部でフルートなどを担当。九州アンサンブルコンテストのフルート三重奏で金賞を受賞した。福岡工大社会環境学部に進学した後も「吹奏楽は続ける」。神埼市神埼町。

 船津 祐樹(ふなつ・ゆうき)サッカー部で仲間と一緒に目標に向かって汗を流したことが心に残る。西南学院大経済学部に進み、「国際的に活躍できる人材を目指し、語学力に磨きをかける」。鳥栖市酒井東町。

 石井 春奈(いしい・はるな)成績は常にトップクラスを維持。ソフトテニス部ではマネジャーとして選手をサポートした。「肌の悩みを持つ人を助けられる研究がしたい」と、佐賀大農学部に進学する。みやき町。

 立花 郁弥(たちばな・ふみや)剣道部と学業を両立し、佐賀大教育学部に合格した時は「今までの苦労が報われた気がした」。大学では小学校教諭を目指し、多くの経験を積みたいという。佐賀市大和町。

伊万里

 今尾 彩乃(いまお・あやの)海外研修やボランティアなど校外活動に積極的に取り組んだ。世界をフィールドに、貧困支援など「社会の役に立つことをしたい」。国公立大文系を志望。伊万里市二里町。

 時里 晴登(ときさと・はると)バスケットボール部主将で県総体8強入りに貢献した。大学で経営と英語を学んで家業の飲食店を継ぎ、海外に出店する夢を抱く。国立大文系を志望。伊万里市大坪町。

 山口 凌(やまぐち・りょう)努力家で周囲の信頼も厚い。卓球部主将を務め、学業との両立を成し遂げた。原子の世界に興味があり、「研究者になって社会貢献したい」。国立大理系を志望。伊万里市二里町。

 小島 光慈(こじま・こうじ)生徒会長としてリーダーシップを発揮した。伊高祭で自作の映像作品を披露し、大好評だったことが思い出深い。国立大文系志望。将来は寺を継いで僧侶の道へ。伊万里市山代町。

 古川 凌雅(ふるかわ・りょうが)陸上800メートルで九州大会優勝など好成績を収めた。長い間けがに悩まされたのを乗り越えた。環太平洋大学体育学科に進み、日本選手権出場を目指す。武雄市武内町。

 山口 穏光(やまぐち・ひなた)生徒会副会長でバスケットボール部主将。高校生市議会で市執行部に「学校での昼寝の導入」を提案したのが楽しい思い出。九州工業大情報工学部に進学。伊万里市立花町。

 樋口 澄恵(ひぐち・すみえ)語学力に優れ、探究心旺盛。県高校英語スピーチコンテストで最優秀賞を獲得した。岡山大学で学び国連職員を目指す。「貧しい子どもたちの教育を助けたい」。伊万里市立花町。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加