「人の気持ちをあたためる場づくりとは」をテーマに講座を開いた西川正さん=吉野ヶ里町の東脊振健康福祉センター「きらら館」

 市民参加型のまちづくりに取り組むNPO法人ハンズオン埼玉の西川正常務理事がこのほど、吉野ヶ里町の東脊振健康福祉センターで講座を開いた。保育士や幼稚園教諭、子育て支援関係者などが参加し、「人の気持ちをあたためる場づくりとは」というテーマの講話に耳を傾けた。

 講話で、西川さんは「みんなが当事者意識を持って行動することで、そこが温かく、気持ちが通う場所ができる」と述べた。また、子育てについては「頑張れば頑張るほどつらくなる」とアドバイス。近所間の付き合いが希薄化したことで身近な相談相手が減少していることに触れ、親同士の連携が重要になることも提言した。

 「誰もが地域の中で安心して子育てするために~地域を編む~」と題した県地域で子育て支援講座の一環。この日は、午後からワークショップなども実施した。

このエントリーをはてなブックマークに追加