株価上昇を示すニューヨーク証券取引所の電光掲示板=12日、ニューヨーク(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】週明け12日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は大幅に続伸し、前週末比410・37ドル高の2万4601・27ドルで取引を終えた。前週に急落した後、割安感が出た銘柄が引き続き買い戻された。欧州の主要株式指数が上昇したことも買い安心感を誘った。

 この日の上げ幅は一時、574ドルに達した。1日の値幅は474ドルで、今月2日に相場の乱高下が始まってから初めて500ドルを下回った。投資家の不安心理の大きさを示すとされる「恐怖指数(VIX)」も低下傾向を示した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加