芝の感触を楽しみながら歩く参加者=鳥栖市村田町のブリヂストンカンツリー倶楽部

 冬晴れの下、定休日のゴルフ場コースでノルディックウオーキングを楽しむイベントが5日、鳥栖市村田町のブリヂストンカンツリー倶楽部であり、愛好者30人が芝のフェアウエーを歩いた。

 ノルディックウオーキングは2本のストックを持って歩くエクササイズで、鳥栖観光コンベンション協会が推進している。今回は同ゴルフ場が社会貢献活動の一環でコースを開放した。鳥栖ノルディック・ウオークの会の重光浩会長(67)によると、募集開始初日だけで定員の倍以上の申し込みがあった。

 鳥栖市を中心に佐賀市や久留米市などから集まった60代から70代の男女が開放感あふれる景色とおしゃべりを楽しみながら、18ホール約6キロを歩いた。市内から参加した男性は「めったに歩けないゴルフ場を歩けるので参加した」と言い、適度なアップダウンと芝の感触を楽しみながら笑顔で歩いていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加