死去した川地民夫さん

 菅原文太さんとコンビを組んだ映画「まむしの兄弟」シリーズなどで人気を博した俳優の川地民夫(かわち・たみお、本名河地猛=かわち・たけし)さんが10日午後4時59分、脳梗塞のため神奈川県横須賀市の病院で死去した。79歳。神奈川県出身。

 関東学院大在学中に日活に入社し、1958年映画「陽のあたる坂道」で、石原裕次郎さんの弟役でデビュー。日活退社後は「まむしの兄弟」シリーズのほか、「仁義なき戦い」(73年)など多くの作品に出演。ユニークな個性を発揮した。

 テレビドラマや時代劇、バラエティー番組でも親しまれた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加