-小野寺五典防衛相との面談で「事故が増えているように感じる」という現状認識を示したが、どのように考えているか。

 今の安全保障環境や厳しい訓練もあるだろうが、決して住民、民間を巻き込んではならず、(防衛相に)理解してもらったと思う。

 -オスプレイ配備計画についてどう考えているか。

 まず事故が二度と起きない対策を取るのが大切。配備計画は防衛省からの要請であり、防衛省が考えること。事故対応が最優先課題であるのは大臣とも共通の認識だろう。

 -事故によって「防衛に協力する立場」の考えは変わる可能性があるか。

 (配備計画に関する論点整理で)「国防に地方自治体は協力する」と整理させてもらった。それについて変わりはない。

 -防衛省のオスプレイの事故に関する説明は2月議会の前からずれる可能性があるか。

 それは防衛省が考えることだと思う。

 -オスプレイ計画では目達原駐屯地のヘリも移駐する。オスプレイ以外のヘリに関する安全性の確認も受け入れの条件となるのか。

 まずは今回の事故原因の調査と再発防止策をしっかり聞いて、チェックしていくことだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加