11日午後3時ごろ、九州新幹線新鳥栖~久留米駅間の上り線の架線にビニールが付着しているのが見つかり、上下線で一時運行を見合わせた。

 JR九州によると、農業用ビニールが2枚付着していた。下り線の運転士が気づいたという。このトラブルの影響で上下線12本が最大で42分遅れ、約3300人に影響が出た。

このエントリーをはてなブックマークに追加