子どもたちにスリランカの魅力をわかりやすく伝えたプールニカさん=佐賀市の古賀英語道場

 県国際交流協会から派遣されたシーラガマ・プールニカ・クマリさん(36)=佐賀市=による「国際理解講座」が9日、佐賀市の古賀英語道場で開かれた=写真。プールニカさんが、母国スリランカについて、遊びを交えるなどして子どもたちに魅力を伝えた。

 講座には、市内の小学生約20人が参加。プールニカさんは最初に、スリランカは年中暖かく、国の形が涙に似ていることから「インド洋の涙」と呼ばれているなど、地理や気候を紹介。海がきれいでサーフィンも盛んなことや、さまざまな民族衣装があることなども伝えた。子どもたちは「サンタクロースは来ますか」など、素朴な質問をしながら興味深く話に聞き入っていた。

 また、目隠しをした状態でゾウの絵に向かい、ペンで目をつけ距離の近さを競う、スリランカの正月遊びを紹介。子どもたちは歓声を上げながら楽しんでいた。

このエントリーをはてなブックマークに追加