野田建設(佐賀市大和町、野田豊秋社長)が3日、同町の川上小(石丸愼也校長)で児童ら約300人とチューリップの球根4000球を植えた。

 創業70周年と、創業者(野田社長の父・鉄九郎さん)が100歳になった記念に実施した。野田建設が11月から、学校の入り口など6カ所に作った計400平方メートルの花壇に植えた。児童らは保護者や教諭とともに、球根の皮をむいてそっと土をかぶせた。

 学校近くで生まれ育った野田社長は「母校で何かしたかった。6色の花が6年生の卒業を祝い、新入生を歓迎してくれれば」と来年3~4月の開花を心待ちにする。6年生の辻璃子さん(11)は「みんなで植えて楽しかった。立派な花が見られたらいいな」と笑顔を見せた。

このエントリーをはてなブックマークに追加