和裁士ら約30人が針への感謝と針仕事の上達を願った=佐賀市松原の松原神社

 県和裁士・技能士連合会(江副恵子会長)は8日、佐賀市松原の松原神社境内「針の碑」前で、針の感謝祭を開いた。折れ曲がったりさびたりした針へ感謝をささげ、針仕事の上達を願った。

 会員ら約30人が参加した。針を刺したこんにゃくや豆腐を供えた神前で、神職が祝詞を述べて玉串を奉てんした。こんにゃくと豆腐は神事と供養を終えてから、針の碑に供えられた。

 針供養の日である2月8日に、毎年恒例で開いている。針の感謝祭は、普段は布など固いものに刺している針を、やわらかいこんにゃくと豆腐に刺す。同会の江副会長は「一年間、針仕事ができた感謝でいっぱいです」と話していた。

(横田千晶)

このエントリーをはてなブックマークに追加