気象庁は11日、強い冬型の気圧配置となる影響で、北日本から西日本の日本海側を中心に13日にかけて大雪になる恐れがあるとして、警戒を呼び掛けた。佐賀県内も11日夜から13日にかけて断続的に雪が降る恐れがある。

 佐賀地方気象台によると、12日午後6時までの24時間に、多いところで山間部で20センチ、平地で10センチの降雪を予想している。最低気温は12日、佐賀と伊万里で1度を予想している。

 気象台は路面や水道管の凍結に加え、農作物や農業施設の管理などに注意を呼び掛けている。

このエントリーをはてなブックマークに追加