事務所開きで支持者に3選への意欲を語る樋口久俊氏=鹿島市高津原の事務所

 任期満了に伴う4月22日投開票の佐賀県鹿島市長選で3選を目指す現職の樋口久俊氏(71)=音成=は10日、鹿島市高津原に後援会事務所を開いた。樋口氏は約250人(後援会発表)を前に、「鹿島の評価や知名度は右肩上がり。引き続きハンドルを握らせてほしい」と語った。

 後援会副会長の土井敏行県議が「国や県、近隣市町との連携でまいた種が実を結ぶ時に来ている」とあいさつ。樋口氏は「人脈や経験を生かし、郷土のために駆けずり回ってきた」と2期8年を振り返り、「農業、漁業、工業、観光と豊富な資源を磨き上げ『複合都市』を目指す」と話した。

 市長選には、市議の中村一尭氏(33)=納富分=も立候補を表明している。

このエントリーをはてなブックマークに追加