中高生へ未成年喫煙防止ペンを配る日本たばこ産業(JT)の社員ら=佐賀駅北口

 未成年の喫煙防止を呼び掛けようと、県たばこ販売協同組合佐賀支部は2日、佐賀駅周辺で街頭キャンペーンを実施した。帰宅する中高生にペンなどのグッズを配布し注意喚起した。=写真

 同支部や日本たばこ産業の社員ら13人が参加。「未成年者喫煙禁止!!」と書かれたスマートフォン用タッチペンを600本用意し、学校帰りの中高生たちに手渡した。

 たばこ販売店の店主らが所属する同組合は、年2回未成年喫煙防止の活動をする。同組合の仁位清隆専務理事は「成人識別をするカード“タスポ”や、小売店での声掛けなどで、未成年の喫煙防止に取り組んでいる」と話していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加