【致遠館】

 志岐 友晶(しき・ともあき)国が支援する奨学生として、フィリピンの孤児院にボランティア留学。英会話部に所属し、英検準一級を取得。筑波大人間学群心理学類に進む。佐賀市本庄町。(普通科)

 松尾 奏(まつお・かな)ゴルフで国体や日本女子選手権に出場。県アマチュアゴルフ選手権で5度優勝。早稲田大人間科学部に進学。ゴルフ部に入り日本女子選手権優勝を狙う。佐賀市兵庫町。(普通科)

 古田 ゆらら(ふるた・ゆらら)ボランティア部で、募金活動やさが桜マラソンに参加。佐賀大医学部看護学科に進み「病気で苦しむ人の心に寄り添い支えたい」と、看護師を志す。佐賀市諸富町。(普通科)

 正林 穂香(しょうばやし・ほのか)バスケ部に所属し、仲間と一緒に最後まであきらめず戦い抜く心を培う。中学生の時からの目標である薬剤師になるため、崇城大薬学部に進む。佐賀市諸富町。(理数科)

 射場 義志(いば・よしゆき)サッカー部に所属、センターバックとして仲間を鼓舞。九州工業大工学部に進み「被災地などのインフラ整備に携わりたい」と、一級建築士を目指す。佐賀市多布施。(理数科)

 善 麻里亜(ぜん・まりあ)家庭同好会に所属し、ドレスのデザインから製作までこなし文化祭で展示した。小学生からの夢である一級建築士になるため、国立大理系学部を志望。吉野ヶ里町。(理数科)

 橋本 空也(はしもと・たかや)生徒会長。放送部副部長として、仲間と映像制作をしたことなどが思い出。国立大理系学部を志望し、人の心に寄り添える医師を目指す。佐賀市高木瀬西。(理数科)

 【神埼清明】

 中原 崚太(なかはら・りょうた)硬式テニス部主将で、部活動が一番の思い出。西九州大に進み、「スポーツの楽しさをたくさんの人に教える人間になることを目指す」。神埼市千代田町。(人文教養系列)

 緒方 公香(おがた・きみか)部活動には入っていなかったが、進学を目指して多くの資格を取得した。「管理栄養士に必要な知識を身につけたい」と西九州大で勉学に励む。神埼市神埼町。(食品科学系列)

 宮本 笑花(みやもと・えみか)部活動紹介で興味を持った新体操部でマネジャーを務めた。卒業後は佐賀銀行に就職。「不安もあるけれど一生懸命頑張りたい」。佐賀市諸富町。(情報ビジネス系列)

 楠 真奈実(くす・まなみ)「つらいこともあったが、3年生18人全員で乗り切った」国家試験が忘れられない。幼い時からの看護師になる夢をかなえるため、緑生館に進む。神埼市神埼町。(生活福祉系列)

 天本 貴貢斗(あまもと・たくと)生徒会長として雰囲気のいい学校づくりに注力。トヨタ紡織九州に就職し「社会人としての誇りを持ち、よりよい品質のシートを作る」。神埼市神埼町。(健康スポーツ系列)

 平尾 奈々(ひらお・なな)ハンドボール部主将で、2年続けて全国舞台を経験。「まずは試合に出て、佐賀国体出場を目指したい」と福岡大で技に磨きをかける。吉野ヶ里町。(健康スポーツ系列)

 奥田 寛司(おくだ・かんじ)「体育祭や文化祭、とにかく友達と過ごした毎日が楽しかった」。新体操部主将としては全国優勝を味わった。日本文理大チアリーディング部で技を磨く。福岡市。(みどり系列)

このエントリーをはてなブックマークに追加