9日午後6時50分ごろ、武雄市東川登町永野の自動車修理・販売会社ぴっといんの工場から出火、鉄骨平屋建て約100平方メートルの大部分と屋外にあった車1台を焼いた。

 武雄署によると、作業員が工場内で廃車のために車からガソリンを抜き取る作業中、火が上がったのに気づき119番した。工場の外には約50台の車があった。原因を調べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加