■有田工

 辻 将輝(つじ・まさき)高校から始めた重量挙げで県高校新を打ち立てた。セラミックセンサに就職。「こつこつと練習を続け、記録を伸ばした経験を社会人で生かす」。長崎県波佐見町。(セラミック科)

 中島 賢吾(なかじま・けんご)有田焼創業400年の年に体育祭で優勝し、級友と喜びを分かち合ったことが一番の思い出。本田技術研究所に就職。「車の造形に携わりたい」。有田町。(セラミック科)

 瀬崎 萌々花(せさき・ももか)多くの入賞入選歴があるが、仲間と出場した全国高校デザイン選手権が忘れられない。「2位でがっかり。今も悔しい」。福岡デザイン専門学校に進む。大町町。(デザイン科)

 渕上 恵太(ふちがみ・けいた)卓球部で活躍。最後の県総体ダブルスで一本一本声を掛け合い、逆転勝ちしたことが忘れられない。数々の資格を取得し、九州電力に就職する。伊万里市脇田町。(電気科)

 中村 駿仁(なかむら・としひと)生徒会長。体育祭や文化祭を成功に導き、バスケ部と両立した。「アーティストを支える仕事をしたい」と、日本工学院専門学校で音響芸術を学ぶ。武雄市北方町。(機械科)

 舩津 圭市(ふなつ・けいいち)ソフトテニス部で練習に明け暮れ、「他校にも友人やライバルができた」。成績も優秀で県工業技術研究発表大会で3位になった。アイシン精機に就職する。有田町。(機械科)

 山口 純平(やまぐち・じゅんぺい)バレー部主将としてチームをまとめた。デンソーに就職、1年間は社内の高専で専門知識を学ぶ。将来は「世界で活躍するエンジニア」と夢を描く。武雄市武雄町。(機械科)

=定時制=

 久保 美月(くぼ・みづき)学校と仕事を両立。「体調の悪い日も気合いを入れ」皆勤賞だった。バレー部でも活動し「団結力が高かった」と振り返る。SYU企画に就職する。武雄市山内町。(セラミック科)

 長島 柚里花(ながしま・ゆりか)文化祭で高い技術のポストカードを展示し、多くの人に「うれしい言葉をもらった」と笑顔を見せる。日本デザイナー学院福岡校に進む。長崎県佐世保市。(デザイン科)

■伊万里商

 岩崎 未来(いわさき・みく)全国総文祭の吹奏楽部門で2年続けて演奏した。在学中に中国を訪れ、国際交流への関心を高める。長崎大経済学部に進学。「常に挑戦し続けたい」。伊万里市大坪町。(商業科)

 中島 未来(なかしま・みく)陸上部に所属し、リレー走などで九州大会に出場。リーダーシップも光った。難関の日商簿記2級を取得。仮設機材レンタルの杉孝に就職する。伊万里市二里町。(商業科)

 古賀 千尋(こが・ちひろ)ホッケー部主将で、インターハイ九州予選大会3連覇を成し遂げた。「チームメートの支えに感謝してる」。パンが大好きでフランソアに就職する。伊万里市波多津町。(商業科)

 迎 怜奈(むかえ・れな)何事にも手を抜かない頑張り屋。生徒会副会長として伊商祭の運営に奔走した。「クラス仲がすごく良くて毎日楽しかった」。伊万里信用金庫に就職。伊万里市二里町。(情報処理科)

 久間 龍晟(くま・りゅうせい)生徒会長として伊商祭を成功させ、感涙にむせんだのが思い出深い。武雄看護リハビリテーション学校に進み、「救急救命に携わりたい」という。伊万里市新天町。(情報処理科)

 渡邉 珠里愛(わたなべ・じゅりあ)陸上棒高跳びで九州大会8位入賞。生徒会活動や資格取得にも積極的に取り組んだ。山口大経済学部に進学。将来は「海外で働いてみたい」。伊万里市立花町。(情報処理科)

 古川 裕大(ふるかわ・ゆうだい)ホッケー部主将で全国大会上位の成績を収め、個人ではU18日本代表に選ばれた。明治大政治経済学部に進んで競技を続け、日本代表を目指す。伊万里市大坪町。(情報処理科)

=定時制=

 今村 浩人(いまむら・ひろと)全日制に行けなかった悔しさをばねに、仕事と学業を頑張って両立させた。部活や修学旅行で友人と過ごした時間がいい思い出。中国木材に就職。伊万里市東山代町。(商業科)

 樋口 希伊(ひぐち・けい)パソコンの各種検定試験に積極的に挑んだ。「高校生活は意外と楽しく、時が過ぎるのをとても早く感じた」。アイビービューティカレッジに進学。伊万里市大坪町。(商業科)

このエントリーをはてなブックマークに追加