「ネットが便利!確定申告」を揮毫した佐賀商業高書道部の生徒たち=佐賀市の佐賀商業高校

 確定申告が始まる16日を前に、佐賀商業高校書道部が「ネットが便利! 確定申告」とキャッチフレーズを揮毫(きごう)し、佐賀税務署に贈った。受け付け会場となる佐賀第2合同庁舎5階や、相談会場の佐賀税務署事務室に掲示する。

 書道部1、2年生15人が2種類を作った。109.1センチ×78.8センチの半紙に1文字ずつバランスよく書いたものも準備し、近くのJR佐賀駅から乗客に見えるよう合同庁舎の窓に張るという。

 部長の吉浦真実さん(17)は「見やすく、統一した大きさの文字を意識した」と話し、佐賀税務署の職員に手渡した。佐賀商高は昨年、税の作文の応募や租税教室の実施が評価され、福岡国税局長感謝状を受けている。

 確定申告期間は所得税、復興特別所得税が16日~3月15日、個人事業者の消費税と地方消費税は4月2日まで。近年では、家庭で申告書を作られる利便性から、インターネットを使って確定申告をする人が増えている。県内では昨年度、約14万7000人が申告。そのうち56.6%がネット申告だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加