外交政策や政治体制のあり方をめぐって揺れた幕末期、幕府は倒幕勢力の拠点であった長州藩を敵対視。1864(元治1)年と66(慶応2)年の2回にわたって「長州征伐」が繰り広げられ、佐賀藩は対応を迫られた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加