バレンタインジャンボ宝くじをPRした幸運の女神の上野貴穂さん=佐賀市の佐賀新聞社

 宝くじ「幸運の女神」の上野貴穂(きほ)さん(22)が8日、佐賀市の佐賀新聞社を訪れ、発売中のバレンタインジャンボ宝くじをPRした。

 1月31日に初登場したバレンタインジャンボは1等2億円が14本、1等の前後賞5千万円が28本。バレンタインジャンボミニもあり、1等2千万円が20本当たる。23日まで販売し、抽せんは3月7日。

 幸運の女神としての訪問は41都道府県目という上野さん。各地の名物を味わうことが好きで「佐賀ではブラックモンブランを食べた。サクサクしていておいしかった」と笑顔。バレンタインジャンボについて「お世話になった人にチョコレートと一緒に贈ってほしい」と呼び掛けた。

このエントリーをはてなブックマークに追加