寒い中でも元気いっぱいの朝日陸上クラブのメンバー

 朝日陸上クラブは陸上の競技力向上を目指し、平日の放課後に武雄市の朝日小グラウンドで練習しています。現在は朝日小の4~6年生21人が在籍し、松永健太郎コーチ(25)が指導にあたっています。

 「学生時代の経験を生かして指導しているが、技術を教える難しさを感じている」と松永コーチ。部員たちは、試行錯誤する若きコーチを慕って練習に励んでいました。

 歓送迎会やキャンプなどのイベントも取り入れて部員同士の親睦を深め、地元の大会や記録会に出場して経験を積みながら、5年後の佐賀国体出場を目標にしています。(地域リポーター・小林由枝=武雄市)

このエントリーをはてなブックマークに追加