樋口秀星選手

 昨年は1位小城市と59秒差の2位。最終日に猛追を見せたが、あと一歩及ばなかった。ことしは関東の大学でしのぎを削る4人がエントリーするなど若い力が充実。一致団結し、総合力で頂点返り咲きを目指す。

 王座奪還に燃えるチームの軸は樋口と山崎。樋口は積極的に戸上電機との合同練習に参加。山崎は九州大の陸上部に所属し、九州学生駅伝などで健脚を磨く。ともに年間を通しての充実した練習で力がついている。

 鳥栖工高時代に都大路で2年連続アンカーを務めた経験がある東海大の嘉村が3年ぶりに出場。昨年の最終日のスタート区間を制し、流れをつくった日本文理大の北村宙、勝負強さが光る上武大の坂本佳、順天堂大の吉岡幸など大学生ランナーの活躍にも期待する。

 昨年、全区間でトップをとった女子は都道府県対抗女子駅伝を走った吉冨や大久保ら強力布陣。男子高校生は同男子駅伝を走った西久保ら鳥栖工高勢がそろう。

 羽立監督は「2日目までどれだけ食らいつけるかが鍵」と選手の奮起を期待する。

■まかせたぞ 2区間で区間賞狙う 樋口秀星(25)

 昨年は初日の1区で区間賞を獲得。2日目の13区も区間2位につけたが、1位の小城に引き離され、悔いが残った。

 課題は体力面だったが、毎日の練習で距離を伸ばしたり、ペースを速めに設定したりと負荷をかけ、距離に対する不安をなくした。

 戸上電機製作所との合同練習で刺激を受け、自信にもつながった。

 先頭に食らいつき、最後に引き離す粘り強い走りが持ち味。「どの区間を任されても、2区間で区間賞」と力強く宣言する。

メンバー表

(メンバー表は左から氏名、年齢、勤務先・学校、住所、出場回数)

■監督

羽立 博文50佐賀市役所金立町24

■コーチ

平田 繁正58神野小教鍋島13

大町 信二50佐賀市上下水道局鍋島町31

田島 時夫49戸上電機製作所中折町31

外尾 潤一45戸上コントロール大財北町20

■選手

名波谷一朗33戸上電機製作所駅前中央18

柳  昌光34戸上電機製作所小郡市11

中村 友一31コイケスポーツ神園11

池田 剛央32佐賀広域消防局鍋島10

松岡 竜也27佐賀県警察鍋島町10

村井 隆史27佐賀広域消防局久保田町9

樋口 秀星25佐賀中部病院鍋島町9

山崎 智裕23九州大大学院福岡市8

吉岡 幸輝21順天堂大千葉県8

坂本 佳太22上武大群馬県6

北村 宙夢22日本文理大大分市7

嘉村 大悟21東海大神奈川県6

八谷 英佑25佐賀市役所城内5

今井 康太27佐賀整肢学園こども発達医療センター兵庫南4

北村  遼20絆フーズ川副町4

鬼塚 智徳37九電工佐賀支店兵庫町3

坂本 耕偲22自営大和町3

川原 健太25総合保健施設紀水苑西与賀2

小林 弘典23 末広初

吉冨 博子34メモリード富士町15

大久保麻紀18清和高兵庫北5

山下 花音16清和高筑紫野市初

渡辺 夕奈17清和高大和町初

吉岡 智輝18白石高久保田町5

山崎 諒介17鳥栖工高巨勢町4

武藤 圭汰17鳥栖工高兵庫町3

西久保 遼17鳥栖工高鍋島町3

高山 匠也15城東中兵庫南3

西坂  侑14東与賀中東与賀町初

岡村 颯太12城東中巨勢町初

このエントリーをはてなブックマークに追加