7日午前9時10分ごろ、鳥栖市のJR弥生が丘駅で、雪の影響で信号が赤から青に変わらなくなるトラブルがあった。鹿児島線の普通列車2本が運休したほか、2本が最大で19分遅れ、約800人に影響が出た。

 JR九州によると、信号は線路が1本から2本になる切り替えポイントにあり、ポイントが積雪のため切り替わらなくなり、連動する信号も変わらなくなった。社員が対応し、約40分後に運転を再開した。

このエントリーをはてなブックマークに追加