ひなまつりを前に市中心街のゴミを拾う清掃参加者=佐賀市松原

 「佐賀城下ひなまつり」(11日~3月31日)の観光客をもてなそうと、道路の美化活動などに取り組む団体「道守佐賀会議」は3日、会場となる佐賀市中心部を清掃した。

 地域や民間企業、行政の担当者ら約200人のボランティアが参加し、3グループに分かれてそれぞれ約2キロのコースで活動。火ばさみやごみ袋を手に、道路の脇に落ちている紙くずやたばこの吸い殻などを丁寧に拾い集めていた。

 清掃はひなまつり開幕に合わせて毎年実施している。同会議の三原ユキ江代表世話人は「日本からだけでなく世界から観光客が訪れるイベント。きれいなまちを散策していただきたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加