2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は6日、久光製薬(鳥栖市)と「オフィシャルパートナー」の協賛社契約を結んだと発表した。契約カテゴリーは「外用鎮痛消炎剤」。

 国内の協賛企業は最高位の「ゴールドパートナー」、それに次ぐ「オフィシャルパートナー」、さらに「オフィシャルサポーター」と格付けされている。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加