ボートレース峰竜太 優秀選手表彰式典

 日本モーターボート競走会は6日、東京都内のホテルで2017年の優秀選手表彰式典を開催し、初の最優秀選手に選ばれた桐生順平(埼玉)、最高勝率選手の峰竜太(佐賀・唐津市出身)らを表彰した。

 桐生は昨年、クラシックとグランプリのSG2勝を挙げ、最多賞金獲得選手、記者大賞も受賞。31歳の新たなスターは「昨年は、今までの選手生活の中で最高の一年だった。今年の目標は、ファンにとって魅力ある選手になること。面白いレースをしたい」と語った。

 このほか、最多勝利選手の吉川昭男(滋賀)、最優秀新人選手の羽野直也(福岡)、優秀女子選手の遠藤エミ(滋賀)、特別賞を受賞した石野貴之(大阪)と長嶋万記(静岡)も栄誉をたたえられた。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加