カウントダウンで一斉に点灯スイッチを押す子どもたち=伊万里市の伊万里駅前

駅前ロータリーに設置された高さ12㍍のメインツリー=伊万里市

 伊万里市の中心市街地をライトアップする「輝けイマリフェスタ」が3日、伊万里駅周辺で始まった。総延長約500メートルの街路樹に10万個のLED電球が設置され、冬の夜をロマンチックに彩っている。

 伊万里商工会議所青年部が2003年からにぎわい創出を目的に行っている。点灯式で山口栄子実行委員長が「寒い冬を温かい気持ちで過ごして」とあいさつ。市民が声をそろえてカウントダウンし、関係者や子どもらがスイッチを押すと、周囲は一斉にきらびやかな光に包まれた。

 駅前ロータリーに設置されたメインツリーは高さ約12メートルで、青を基調に装飾。家族連れなどが記念写真を撮った。点灯は来年2月末まで、午後5時から同11時にかけて行われる。

このエントリーをはてなブックマークに追加