佐賀県華道連合会相談役で草月流一級師範理事の前田星萌さんが、10日に福岡市の福岡国際会議場で開かれる日本フットケア学会が主催する市民公開講座の会場で、草月流生け花の特別展示をする。

 佐賀城下の鬼門に位置する牛嶋天満宮の樹齢500年以上と言われるご神木を使い、高さ3メートル、横幅7メートルの大作を披露する。ご神木は昨年6月、境内で剪定(せんてい)した時に傷みのひどかった幹から伐採したもので、大きすぎて処分に困っていたため前田さんが譲り受けた。

 当日は9日から11日まで開く日本フットケア学会学術集会の関連イベントで、一般が参加できるのは公開講座の時だけ。同学会は佐賀大医学部形成外科の上村哲司教授が会長を務めており、期間中、全国から集まる約3千人の会員に対し“おもてなし”の意味で、前田さんに展示を依頼した。

 前田さんは「ご神木に新たな命を吹き込む思いで取り組みたい。フットケアの講座にも参加し、作品もぜひ楽しんでほしい」と話す。展示および公開講座への問い合わせは運営事務局の日本ジーニス、電話092(732)0686、平日午前10時から午後5時まで。

このエントリーをはてなブックマークに追加