■鳥 栖

 久保山 真衣(くぼやま・まい)海外ホームステイを経験し宮城県での全国総文祭文芸部門に出場。基山町のシャッターペイント企画にも参加した。「とにかく楽しかった」。国立大文系志望。鳥栖市藤木町。

 橋本 愛彩(はしもと・ありさ)体操部主将。九州総体団体1位、個人1位など好成績を収めた。「世界で活躍できる選手になりたい」と東京女子体育大へ進学する。将来は体操の指導者を目指す。福岡市南区。

 園田 千智(そのだ・ちさと)国際美術公募展で特選、全国総文祭佐賀大会イメージソングの歌詞公募で最優秀賞を受賞した。「カナダ、韓国での美術研修が心に残る」。佐賀大学へ進学。鳥栖市あさひ新町。

 藤永 日向(ふじなが・ひゅうが)成績優秀。野球部主将として夏の県大会準優勝。「決勝の舞台に立てて人生で一番楽しい試合だった」。鳥栖高祭では黒団の団長を務めた。西南学院大へ進む。鳥栖市古賀町。

 梁井 龍一(やない・りゅういち)バスケット部主将で県総体3位に貢献。鳥栖高祭では青団の団長を務めた。すべてに全力投球の3年間で、「最高の友達と出会えた」。国立大理系を志望する。鳥栖市宿町。

 東 翔太(あずま・しょうた)生徒会長でサッカー部副主将。夢は1級建築士になりサッカースタジアムの設計・建築に携わること。「まずは世界の建築を見て回りたい」。国立大理系志望。鳥栖市布津原町。

 塚原 涼火(つかはら・りょうか)科学部に所属。3年間生物学に没頭し、日本生物学オリンピックで銀賞を受賞した。「生命科学の知識を深め、将来は医学研究者になりたい」。国立大医学部志望。みやき町。

■厳 木

 大草 星南(おおくさ・せな)バスケットボール部の副主将として学業との両立を貫いた。唐津市内の産婦人科で働きながら看護学校に通い、資格取得を目指す。「最終目標は助産師になること」。唐津市鏡。

 荒谷 圭祐(あらたに・けいすけ)野球部に所属し、右翼手でチームに貢献した。「農業技術指導員になり、信頼される仕事に挑みたい」と、唐津農業協同組合で社会人の一歩を踏み出す。多久市南多久町。

 天野 凌平(あまの・りょうへい)3年間1日も休まず登校し、部活の野球にも励んだ。3年間学級委員長を引き受け、生徒たちをけん引。広島県のマツダに就職し「初給料で親と旅行したい」。唐津市和多田。

 野田 加寿樹(のだ・かずき)ボランティア部の部長。募金活動や小中学校の行事を手伝うことで「自主性が身についた」。まいづる百貨店に就職。歴史好きで有名武将が活躍した聖地巡りも計画。唐津市東唐津。

 永石 麗奈(ながいし・れな)テニス部のキャプテンとしてチームを引っ張った。高校近くの駅舎の清掃活動も3年間やり抜いた。思い出は「最後の高校総体での1勝」。山崎製パンに就職。唐津市原。

 古田 彩華(ふるた・あやか)ラジオのドキュメント番組を手がけ、放送部を全国大会に導いた。体育祭応援リーダーを務め「自ら進んで人前に立ち、思い出になった」。医療系専門学校に進学。唐津市和多田。

 谷口 太一(たにぐち・たいち)バスケットボール部の主将を務め、生徒会長として学校行事に積極的に関わった。ホテル日航福岡に就職。「考える」「学ぶ」を抱負に社会人1年目に挑む。唐津市和多田。

このエントリーをはてなブックマークに追加