2支店を統合してオープンした佐賀共栄銀行白石支店=杵島郡白石町

 佐賀共栄銀行白石支店が5日、杵島郡白石町の中心部に新築移転した=写真。新店舗内で、統合した福富支店も営業する「ブランチインブランチ」と呼ばれる形態を取っており、顧客は店番号や口座番号などの変更手続きをすることなく、これまで通り利用できる。

 新店舗は国道207号の白石町役場入り口交差点から西に約50メートル。1322平方メートルの敷地に鉄骨平屋建て、延べ床面積355平方メートルの店舗を建設した。現金自動預払機(ATM)は1台。22台分の駐車場がある。

 新店舗の行員は13人。旧白石支店9人、旧福富支店6人の合計人数よりは減るものの、同行総合企画部は「(1店舗としての)営業行員は増える。相乗効果を狙い営業力を強化していく」と語る。営業エリアとして白石町全域をカバーする。

 旧白石支店は1960年から営業を開始。旧福富支店は78年から営業していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加