陸上自衛隊の戦闘ヘリコプターが神埼市の住宅に墜落した件で6日、県警は自衛隊や消防と共同で現場検証を再開した。墜落による被害状況などを調べ、午後は副操縦士の遺体を司法解剖し、負傷の程度や死因の特定を急ぐ。

このエントリーをはてなブックマークに追加