中学生に打撃指導をする西部ガス監督の香田誉士史さん(右)=伊万里市の国見台野球場

 社会人野球の強豪「西部ガス硬式野球部」(福岡市)が講師をする中学生野球教室が3日、伊万里市の国見台野球場で開かれた。伊西地区の中学野球部8チーム約90人が参加し、高いレベルを目指すための練習方法を学んだ。

 西部ガスからは監督の香田誉士史さん(46)=佐賀市出身=や選手ら28人が参加。打撃や各ポジションの守備について、部員一人一人に丁寧に指導をした。駒大苫小牧高監督時代に夏の甲子園連覇を果たし、数多くの野球少年も指導してきた香田さんは「子どもたちの真面目で一生懸命な姿が印象に残った」と感心していた。

 教室は、地元の伊万里ガス(藤島幸雄社長)が地域貢献事業として毎年開いている。西有田中野球部主将の野口寛太さん(14)は「センバツ出場を決めた伊万里高の先輩たちのように、ここで学んだことを生かして練習を頑張っていきたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加