図書館フレンズいまりの仲間たちもたくさんのご参加をお待ちしています

 各地でユニークな図書館が開館する一方、大人も子どもも活字離れが進んでいるとか、1年間に図書館を利用したことがある人は4割にとどまったというような、新聞社が調査した報告もあります。人類の長い歴史の中で蓄積された貴重な資料を保存し、提供している図書館について、その役割をいま一度考えてみることが求められているのではないでしょうか。

 伊万里市民図書館では、名誉館長である片山善博氏の講演会を18日午後2時から、伊万里市民センターで開催します。演題は『図書館が社会を潤す』です。鳥取県知事時代、さまざまな改革により目ざましい成果を挙げられたことはあまりにも有名です。特に、地方自治において図書館は重要な拠点であるとして、積極的に図書館政策も進めてこられました。

 図書館は「民主主義の砦(とりで)」といわれますが、地域の情報拠点・住民の自立支援の拠点としての図書館について考えるチャンスです。入場無料ですので、どうぞお出かけください。

このエントリーをはてなブックマークに追加