「県産品応援の店」の登録証。店内に掲げることもできる

 佐賀県は、飲食店や販売店を対象とする「県産品応援の店」の登録制度を始めた。コメや野菜、肉、酒など県産の農林水産物や加工品を仕入れている店舗から県産品の魅力を発信してもらい、登録証の交付や県のホームページ(HP)を通じて浸透を図る。事業者の登録を呼び掛けている。

 対象は、県産品を食材に使っていることをメニューに表示する飲食店や店内に掲示する販売店が条件。所定の登録申込書に、扱っている県産品や店舗のPRメッセージなどを記入してメールなどで提出する。申込書は県のHPから入手できる。申込書の内容の確認後、登録証が交付される。

 県は昨年4月に「さが県産品流通デザイン公社」を設置するなどして、県産品のPRや販売促進に取り組んでいる。流通・通商課は「店舗の情報発信にも登録制度を活用できる。応援の店を通じて、県産品の良さを改めて多くの人に認識してもらえれば」と話す。問い合わせは同課、電話0952(25)7252。

このエントリーをはてなブックマークに追加