嬉野市議会(定数16)は5日、改選後初の臨時議会を開き、議長選では田中政司氏(58)=4期・嬉野町岩屋川内=を新議長に選出した。副議長には山下芳郎氏(68)=3期・嬉野町下野=が選ばれた。任期はいずれも4年。

 議長選には田中氏1人が立候補し、14票を得て当選した。田中議長は「二元代表制の一翼を担う議会の役目を十分に発揮し、市の発展に貢献する議会になれば」と抱負を述べた。

 副議長選には山下氏と芦塚典子氏(68)=3期・塩田町馬場下=が立候補し、山下議員が8票、芦塚議員が7票だった。

 議会選出の監査委員には森田明彦議員(64)=2期・嬉野町下宿=が選任された。

 委員会構成も決まった。委員長(◎)と副委員長(○)は次の通り。

 総務企画=◎山口忠孝○森田明彦▽文教福祉=◎増田朝子○山口政人▽産業建設=◎川内聖二○宮﨑良平▽議会運営=◎辻浩一○梶原睦也▽議会活性化=◎山口忠孝○川内聖二▽議会広報編集=◎宮﨑良平○芦塚典子

このエントリーをはてなブックマークに追加