鹿島署は5日、暴行の疑いで、鹿島市大字納富分の指定暴力団道仁会系組員の容疑者(38)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は5日午後1時50分ごろ、鹿島市内のパチンコ店で、30代の男性客の左胸を突いた疑い。

 鹿島署によると、容疑者が男性に「台を蹴りよろうが」と因縁を付けて店外に連れ出し、暴行を加えたという。

このエントリーをはてなブックマークに追加