佐賀学園

 下田 涼平(しもだ・りょうへい)バレーボール部主将。チームをまとめ、県高校総体で優勝に導いた。「立派な社会人になり親孝行したい」と目標を掲げ、鳥栖シール工業に就職する。上峰町。(情報処理科)

 渡辺 斗夢(わたなべ・とむ)陸上部で県高校総体でやり投げと砲丸投げの2冠。部活で磨いた集中力や忍耐力で、マツダへの就職を決めた。「安全な車をユーザーに届けたい」。唐津市相知町。(情報処理科)

 渋谷 晃樹(しぶや・こうき)水泳部主将として部の伝統をつないだ。県高校総体の男女優勝が一番の思い出。「積み重ねた努力が実った」。教師を目指し、国士舘大理工学部に進学。みやき町。(普通科)

 田中 大貴(たなか・だいき)生徒会長。学園祭などの企画に携わり、「人をまとめる大変さと楽しさを実感した」。生物に興味があり、将来は研究職を目指す。国立大理系志望。佐賀市大財。(成穎高等部)

 林 晃輝(はやし・こうき)校外活動でライフル射撃の魅力を知り、各地の大会に出場。校内に同好会を立ち上げ「うまく撃てた時の楽しさはたまらない」。中央大文学部に進学。佐賀市多布施。(情報処理科)

 牧山 愛(まきやま・あい)勉学と剣道部の活動に励んだ。被災地にボランティアで出向くなど社会問題に関心を持ち、北九州市立大経済学部に進学。「公務員を目指したい」。唐津市鎮西町。(成穎高等部)

 木本 麻結(きもと・まゆ)県内屈指の強豪で部員約100人の吹奏楽部の主将。「組織を統括し、人をまとめる力がついた」。永池に就職。培ったリーダーシップで活躍を誓う。佐賀市川副町。(情報処理科)

 

北陵

 高祖 直弘(こうそ・なおひろ)卓球部に所属し、県高校総体団体優勝、インターハイではベスト16に進出。東レの名古屋事業所に就職し、「誰からも認められる社会人になる」。佐賀市川副町。(電子科)

 藤川 蓮大(ふじかわ・れん)卓球で3年連続インターハイ出場、昨年の愛媛国体では県代表に選ばれた。福岡大学で卓球を続け、「まずは団体メンバーに入りたい」と意気込む。佐賀市川副町。(電気科)

 北村 太陽(きたむら・たいよう)勉強と部活を両立させ、目標としていた資格も取得できた。就職する大洋建設では「誰もが使いやすく、過ごしやすい建物」の建設を目指す。佐賀市本庄町。(建設科)

 永田 綾斗(ながた・りょうと)成績は科の中で常にトップ。授業をしっかり聞き、資格取得にも積極的に取り組んだ。祐徳建設興業へ。「道路建設など大きな仕事に関わりたい」。佐賀市巨勢町。(土木科)

 髙栁 勇吾(たかやなぎ・ゆうご)資格取得と卓球部の活動に熱心に取り組み、日々努力することを学んだ。トヨタ車体に就職。「お客さまに安心安全の車を届ける」と意気込む。佐賀市嘉瀬町。(自動車科)

 北村 周防(きたむら・すおう)陸上部に所属し、駅伝競技で「力を一つにすることの大切さを学んだ」。ダイハツ工業に就職し、「事故の起こらない車の製造を目指す」。佐賀市高木瀬町。(航空科)

 島 司(しま・つかさ)介護実習で、高齢者への細やかな配慮を学んだ。西九州大学で介護の知識をさらに深める。夢は「県職員として、介護を受けられない人の支援をしたい」。佐賀市金立町。(生活文化科)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加