佐賀県内の65歳以上の「親世代」で、自身の介護に対する不安や危機感を持っている人が45%だったことが、製薬会社「ファイザー」の調査で分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加