棄てて省みざるは人道に反す-。佐野常民が設立に尽力した日本赤十字社の前身・博愛社は、国内最後の内戦だった西南戦争で初めて活動の形を示した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加