佐賀県法務私学課は1日、県内私立高校の志願状況(1月31日時点)を発表した。募集を締め切っていない2校を除くと、7校の志願者数は7516人で、平均倍率は4・3倍となっている。

 学校別では、最も倍率が高いのは佐賀清和の5・9倍で、龍谷5・3倍、敬徳5・0倍、佐賀学園4・7倍と続いた。学科・コース別では佐賀清和特別進学Sの34・4倍が最高で、次いで敬徳総合進学16・4倍、龍谷E特進16・1倍だった。

 1日に龍谷、佐賀清和、佐賀女子、佐賀学園、北陵、敬徳の6校で後期試験があった。15日に東明館、17日に早稲田佐賀が実施する。弘学館は1月5日に試験を終えている。

このエントリーをはてなブックマークに追加