杵島商

 松岡 里奈(まつおか・りな)何事にも全力投球。「大の勉強嫌いだった自分を変えることができた」。中国人の母を思い、「日中を仲良くするのが夢」。福岡大商学部に進学。武雄市武内町。(情報処理科)

 森 駿(もり・しゅん)相談箱の意見を体育祭などに生かした生徒会長。「成功してみんなの笑顔が見られてよかった」。電卓など検定一級も三つ取得。九州産業大経済学部へ。武雄市東川登町。(情報処理科)

 山口 文加(やまぐち・あやか)「大変だったけど二つの目標を達成できた」学校のネットショッピングモールの社長。クラス全員の検定合格も思い出。麻生ビジネス専門学校へ。武雄市武雄町。(情報処理科)

 松永 璃子(まつなが・りこ)ソフトテニス部主将で「頼られることがうれしかった」。成績も上位。海外の人とかかわる仕事を目指し、佐賀女子短大グローバル共生コースで学ぶ。小城市小城町。(商業科)

 貞松 千聖(さだまつ・ちさと)努力家で成績上位。「あっという間だったけど、気を抜かずに勉強を頑張れた」。セラミックセンサ(愛知県)で「やるべきことにしっかり取り組みたい」。江北町。(商業科)

 早田 悠冶(そうだ・ゆうや)NHK杯県大会で放ったサヨナラ右前打が一番の思い出という野球部のエース。丸太を抱えて走る厳しい練習に耐え「精神的に強くなれた」。名村造船所に就職。大町町。(商業科)

 成富 丈一郎(なりとみ・じょういちろう)国体のボクシングで準優勝。「悔しかったけど、最後の大会で最高の成績を出せてよかった」。拓殖大商学部に進み、全日本優勝を目指す。鳥栖市田代外町。(商業科)

唐津西

 鶴田 希生(つるだ・きお)4歳から水泳を始め「水に関わる部活を」とヨット部に。才能は一気に開花し昨秋の国体セーリング少年女子ペアで優勝。香蘭ファッションデザイン専門学校に進む。唐津市鬼塚。

 本田 英志(ほんだ・えいじ)クラス委員長、応援リーダー、テニス部と「キラキラした3年間」を送り、書道中等師範の資格も。小学校教師だった祖父を慕い、中村学園大児童幼児教育学科に進学。唐津市神田。

 増本 悠花(ますもと・ゆうか)日々の学業の傍ら英検、漢検にチャレンジし、部活の茶道、華道で礼節を学んだ。看護の道にという思いは病院での体験看護でより確固となり、国立大を目指す。唐津市和多田。

 岩村 正士(いわむら・まさし)「ぴんとした道場の空気」に引かれ弓道部に。部長として県大会3位に導き、個人では全国総体出場。看護師の母親の勧めもあって純真学園大放射線技術科学科へ。唐津市久里。

 青木 詩織(あおき・しおり)苦手学科をなくしたいと毎日、予習復習を続け、課題の数学もクリア。虐待のニュースに社会背景を考え、児童福祉の仕事をと、北九州市立大文学部人間関係学科に。唐津市神田。

 山下 ほのか(やました・ほのか)書道部で受賞を重ね、全九州高校総合文化祭にも出場。「習字とは違う奥深さと自由さが魅力で、集中力が高まった」。純真学園大放射線技術科学科に進む。唐津市十人町。

 原田 吉子(はらだ・よしこ)「人はなぜ争うのか、近世史の研究に携わりたい」と学芸員を目指して努力。弓道部とも両立させた。熊本大文学部歴史学科への進学を決め、夢実現に踏み出す。唐津市浜玉町。

このエントリーをはてなブックマークに追加