返礼品や税控除などメリットいっぱい

「自分のふるさとを応援したい」「魅力的な返礼品に引かれて」など、ふるさと納税を利用する理由はさまざま。「何となく難しそう」と二の足を踏んでいる人も、この機会にお得なふるさと納税に挑戦してみませんか。

1. そもそも「ふるさと納税」って何?

 

 就職などで出身地を離れた人の「生まれ育ったふるさとに貢献したい」という願いを実現するために、平成20年度の税制改正に合わせて創設された制度。実際には生まれ故郷だけではなく、応援したいと思う自治体や、返礼品が気に入った自治体などを自由に選んで寄付できます。集まった寄付金の使い道は自治体ごとに違いますが、納税者が自分で寄付金の使い道を指定できる場合もあります。
 手続きは自治体によって異なり、各自治体のホームページなどで詳細を調べることができます。WEB上で全国のふるさと納税の手続きができる便利なサイトもあり、人気の返礼品の検索やクレジットカードでの決済が可能な場合も。あなたのスタイルに合ったやり方を探しましょう。

 

2. 「ふるさと納税」のメリットは?

 

 ふるさと納税を行った自治体から返礼品を受け取ることができます。それぞれの自治体の特産品や伝統工芸品など、魅力的な返礼品が用意されています。
 また、確定申告を行うことで、原則として寄付額から2000円をのぞいた額が所得税および住民税から控除されます。ただし、税金が控除される金額には上限があり、控除上限額は年収や家族構成などによって異なります。各自治体のホームページやふるさと納税サイトの控除金額シミュレーションを利用して、あらかじめ自分の控除上限額を把握しておきましょう。

 

3. 全国有数の納税寄付額を誇る上峰町 ふるさと納税への取り組み

2016年度のふるさと納税寄付額で全国5位(45億7300万円)の上峰町。町の担当者に、ふるさと納税への取り組みや人気の返礼品などを聞きました。

Q.納税寄付額が全国5位になった要因は?

A.ふるさと納税サイトには、冬場の鍋の具材や季節ごとの旬のフルーツなど、ニーズに合わせてタイムリーな返礼品を掲載しています。返礼品の写真や説明コメントも、魅力が伝わりやすいよう工夫しています。納税寄付額が大幅に増えた要因を絞るのは難しいのですが、これらの取り組みが多くの人の注目を集めることにつながったと考えています。

Q.ふるさと納税の魅力は?

A.自分のふるさとはもちろん、今まで知らなかった市町村に寄付をすることで、特産品や人気の店など“まちの魅力”をあらためて知るきっかけになると思います。実際にその町へ観光に行ったり、返礼品として受け取った品をその後も直接購入したり…。これまで以上に“まちと人”をつないでくれる制度ですね。

Q.人気の返礼品は?

A.九州産の黒毛和牛切り落としや九州産豚モモしゃぶしゃぶ肉、さがびより、さがほのかなどの農畜産物が人気です。申し込みが多いのは、5千円や1万円の返礼品ですね。

 

【Check】

税金控除の手続きが簡単に!ワンストップ特例制度

 ふるさと納税にともなう税金の控除を受けるためには、原則的に確定申告を行う必要があります。ただし、給与所得者など本来確定申告を行う必要がない人は、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用することで確定申告が不要になります(ただし、納税先の自治体が1年間で5つまでの場合に限る)。特例制度を利用するためには、専用の申請書やマイナンバー、本人確認書類などを自治体に送付する必要があるので、詳細は各自治体に問い合わせを。

 

取材協力

【 上峰町役場 まち・ひと・しごと創生室 】
鶴田阿弓さん
電 話 0952-55-7240
H P 上峰町ふるさと納税特設サイト(https://www.kamimine-furusato.jp/)
 

このエントリーをはてなブックマークに追加